>

観戦・体験できるウィンタースポーツは何か

迫力を感じられる観戦ができる

もしもウィンタースポーツで、日本でも観られるということを考えると「アイスホッケー」が挙げられるでしょう。
基本的には屋内のスポーツなので、定期的に開催がされていることが、行きやすさ、観やすさにつながっています。
「氷上の格闘技」とも称されるアイスホッケーは、激しいコンタクトと、華麗なホッケー捌きのコントラストが魅力です。
特に選手たちがぶつかりながら客席との間の壁に迫ってくる瞬間は、現地観戦で初めて味わえるすさまじい迫力と言えるでしょう。
また、スピードスケートも、毎年定期的に大会が行われています。
これも1秒を削り取り合うそのスピード感が、間近で観ると迫力満点に迫ってくるのが魅力ですね。
ちょっと変り種では「スキークロス」や「アイスクロス」といった、スキーやスケートでの競走。
ぶつかり合いがしょっちゅう発生し、まさにアイスホッケーに劣らぬ激しさが魅力です。

体験会などを開催している冬スポーツ

体験会を開催しているウィンタースポーツについてですが、例えばスキーやスノーボードであれば、それこそ体験ツアーが多数、毎年組まれていますし、初心者向けのカリキュラムも豊富に用意されています。
しかし、あるスポーツも、意外と間近で体験できて、しかも「プロ」に直接教えて貰える機会も、他のスポーツよりあったりします。
それは「カーリング」です。
軽井沢アイスパークには、カーリングプログラムという初心者向けの体験会が用意されています。
60分~90分の時間で、インストラクターの指導のもと、氷上に乗るという部分から石の投げ方などを体験し、最後に簡単なゲームもできるというものです。
北海道では、地元のカーリング協会に所属しながら五輪出場経験のある選手に教えて貰える機会もあります(残念ながら、お客さん側から指導者の指名はできないようなので、タイミングもあるようです)。


この記事をシェアする

トップへ