体験・見学可能なウィンタースポーツ紹介サイト

>

「観られる」「体験できる」ウィンタースポーツをご紹介。

主な大会など

さて、もしも観にいくことを考えていくとなると、特にウィンタースポーツに絞って考えるなら、真っ先に挙げられるのが「国民体育大会」、略して「国体」です。
これらは、基本的には毎年行われる公式大会で、しかも、普段はなかなか目にすることの無いウィンタースポーツも種目に含まれているため、観たい人にとってはまさに狙い目です。
また、スケートは毎年のように世界大会や日本選手権が開催されていますが、ジュニアの大会やアイスダンスは日本各地で開催されているので、そちらを観にいってもきっと魅了されるかと思います。
スノーボードやアイスホッケーも、全国大会が毎年開催されていますので、チケットの予約ができれば、観にいくことをおすすめしますが、スノーボードやスキーの大会は基本的に山の中で行うことになるので、次の項でも説明する注意点を踏まえてください。

注意点などを押さえよう

まず、ウィンタースポーツの名前のとおり、寒い季節に行われることが多いです。
アイススケートやフィギュアスケート、アイスホッケーやカーリングなどは屋内での開催が基本ですが、風邪を引かない程度の防寒具は持って行くべきでしょう。
また、スキーやスノーボードは、基本的に山沿いのゲレンデで行われるものなので、街中の格好で行ったりすると、寒いだけでは済まず、冗談抜きで生命の危険があります。
「冬の山に行くのだ」という意識で行くべきですが、実際に何を着ていったりすべきなのかという部分については、ウィンタースポーツの用具や、登山道具を扱っているようなスポーツ用品店で「今度そのような場所での観戦をしたいのですが、どんな格好がよいでしょうか」と相談してみるのが、一番無難な方法といえるでしょう。


この記事をシェアする

トップへ